医療現場に多い看護師と患者とのトラブル

医療機関で働く看護師の方は、毎日多くの患者さんと接することになります。勤務している科目や病院の規模によっても変わってくると思いますが、様々な年齢の患者と接することになりますし、男女問わず接っしていることでしょう。そのため、患者とトラブルになってしまうケースも少なくありません。

そこで看護師に多い、患者とのトラブルについてご紹介したいと思います。看護師の仕事といえば、患者への応対と医療行為の補助です。患者といっても、年齢も様々ですし、男性もいれば女性もいます。性格も一人一人異なるので、色々なトラブルが起こります。外来の看護師の場合には、「長い時間接することはないから、トラブルになることはないだろう」と思うかもしれませんが、患者によっては「そんな説明を聞いていない」「待ち時間が長い」と怒る方もいます。入院病棟であれば、長い期間関わることになりますから、患者によっては治療がうまくいかずストレスが溜まり、看護師に八つ当たりをすることもあるでしょう。当然、人間ですから「この患者さんとは合わない」ということもあるでしょうし、その気持ちが伝わってしまい、患者応対がスムーズに出来なくなってしまうこともあるかもしれません。また、理不尽に怒鳴ったり、分からないことをいう患者もいるでしょう。しかし、だからといって患者応対をいい加減にはできません。なので、そんな時には、少しでもトラブルにならないためにも、まずは話を聞くことが大切です。そしてもし、「自分では、対応しきれない」という時には、先輩や上司に相談するようにしましょう。

患者と看護師のトラブルというのは、場合によっては後々大きな問題となり、病院を巻き込むような事態にもなりかねません。十分な注意が必要になります。「自分では納められない」と感じた場合には、一人で抱え込まずに周りに頼ることも必要です。働く女性にありがちなトラブルに注目し、その解決策を教えてくれる女性ならではのWorkTroubleには、人間関係のこじれを解消する方法も掲載されているので、併せて読んでみてはいかがでしょう。